メグ・マグノリアクリニック

練馬区 内科 心療内科なら メグ・マグノリアクリニック

03-5947-6260 fax03-5947-6270
東京都練馬区大泉町1-54-15
お問い合わせは☎またはお問い合わせ

                                                                                                                        

rss

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

マグノリア日記

日々の診療を通して感じたこと、知っていただきたい内科、心療内科のことなどをつづっていこうと思います。どうぞご覧下さい。





当院ホームページも掲載しました。
県名・診療科名で探す病院ホームページ(東京都)
クリニックのもう一つのHP
心療内科って、何?ということが中心のHPです
良かったら、のぞいてみてくださいね。
ブログもあります。
HOME»  マグノリア日記
HOME»  マグノリア日記

マグノリア日記

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

新年度

4月になりました。
あっという間に1年も4分の1過ぎてしまいましたね。

4月といえば、新年度、新学期。入学、就職のシーズン。
環境がガラッと変わる方も多いと思います。
始めはいい緊張感に包まをれ、気力も充実していて仕事も頑張れるのですが、
ある程度頑張ってしまうと、緊張感が逆に体調を悪くします。
緊張感は、適当なところで抜いておく必要があります。

緊張感をぬく、とは、リラックスするということ。
1日の緊張、疲れをしっかりリセットして、翌日につなげていくことが必要です。
そのためにも、ゆっくりお風呂に入る、食事を楽しむ、趣味をする、といったプライベートでの行動を大事にすること。
気分転換をして、いつまでも同じこと(仕事のことや、いやなこと)を考え続けないようにすることが大切です。

自分を大切にすること。
自分の仕事を認めること。
これも、大事です。


また、気温も天気もころころ変わりやすく、
気分的にも落ち着かない。
体調も崩しやすいですね。
お気を付けください。


2015-04-07 13:46:37

コメント(0)

2月ももう終わりですね。
春です。

花粉症の季節で、あまりうれしい季節ではないのですが、
日差しがきらきら光っている季節でもあり、
素敵な季節のはず。

しかし、いろいろ変化の大きい季節でもあり、気分的にも落ち着かないですね。
自律神経の働きの悪い人にとっては、一番調子が悪くなる季節かもしれないですね。
そう思って、今の季節は過ごしていただけると、ちょっと楽かも。

春は、出会いの季節でもあり、別れの季節でもあり。
ずっと親しくしていただいていたMRさんの、転勤のお話とか、
ずっとお世話になっていたあるクリニックの師長さんがおやめになるとか、
ケアマネージャーさんがおやめになるとか。
すごく心細くもなる時。
自分の周りもどんどん変化していきます。

この変化に、自分も耐えられるのかどうか、すごく心配。
春は、頑張ってやり過ごす季節かもしれません。

2015-02-27 13:59:58

コメント(0)

気持ち

2か月くらい、ご無沙汰しておりました。
年末大変忙しく(仕事、というよりも、プライベートかな)、落ち着かなかったので、
なかなかここまで到達できなかった、という感じでしょうか。

家が近いのに、クリニックがすごく遠く感じられて…

とおっしゃった患者さんの、気持ちがよくわかります…


気持ちをコントロールするのは、とても難しいですね。
気持ちは他の誰かが操作できるものではない、と思っています。
確かに、洗脳、という方法で、考え方、感情、人格までもコントロールする方法がないわけではないのですが、
一般人の私は、そんなことはできません。

心療内科の診察は、とても微妙なところがあり、
医師との相性がとても大きく響いてしまうものです。
どんなに腕のいい医師であっても、その患者さんと相性が合わなければ、
病気を良くすることができない、ということもよくあります。

逆に、それほどの医療技術がなくても、
患者さんと相性が良ければ、それだけでその患者さんがよくなってしまう、ということもあります。

ですから、医師を選ぶことのできる患者さんは、
自分に本当に合う医師を探すことも大切です。
気持ちよく診療を受けられる方が、効果は高いですし、
自分の気持ちをちゃんと伝えられる医師のほうが、薬もよく効きます。
納得して診療を受けること。これが大事だと思います。

日本では、まだ、一度かかったら医者を変えられない、などと言われる方が
多くいらっしゃいます。
やたらとあちこち、医師を変えることはいいことではないのは確かですが、
数回診療を受けてみて、合わなければ変わってみる、ということは、
お互いのために必要なのではないかと思います。


相性は別に本題ではないんですけど。

気持ち。
うちのクリニックに通院していらっしゃる患者さんで、1月が毎年気分が悪くなる、とおっしゃられる方が
実は結構いらっしゃることが最近分かりました。
12月も、実は落ち着かなくなる時期ではあるのですが、
1月はどうしてなんでしょうね。
嫌な記憶ができてしまっている方が多いのでしょうか。

記憶を完全に消し去ることは難しいことです。
しかし、気持ちを変えていく、気分転換をすることで、
嫌な記憶を持っている時期も、過ごしやすくなることがあります。

気持ちが弱いから、うつになるんだ、と言われる方がいらっしゃいます。
そうではないです。
気持ちが強くても、うつになります。
そして、気持ちの強い人ほど、コントロールが難しくなります。
動かなくなってしまった気持ちを動かさないと、うつが治療できません。
気持ちを動かす、今の気持ちをほかの気持ちに変えていく、ということが必要です。
つまり、気分転換ですね。

今の気分を転換する。
気持ちの向きが下方向であったら、せめて平行に持っていく。
そのためにできる、ちょっとしたことを持っているとコントロールしやすいと思います。

気分転換、というと、とてもすごいことを想像する方がいらっしゃいます。
旅行とか、時間もお金もかかるようなことばかりを想像する方がいらっしゃいます。
でも、気軽にできないと、気分転換って意味がないと思いませんか?
時々は大掛かりな気分転換(旅行など)も必要でしょうけど、
基本的にはちょっとした時間で、ちょっとしたことをする、ということが大切です。

たとえば、深呼吸する、とか。
たとえば、ストレッチするとか。
たとえば、お茶を飲む、とか。

気持ちをリラックスさせて、深呼吸して、お茶で一服。
ふーっと息を吐いて、力を抜いて。

こんな時間が持てたら、気持ちもほんわかしてくるのではないでしょうか。


2015-01-27 14:02:59

コメント(0)

眠れない

眠れない方、多いですね。
寝付きが悪い方、途中で目が覚めてしまう方、朝早く起きてしまう方。
眠りは、体調によってもずいぶん変わります。
あまり、寝ようと焦らないほうが眠れたりします。

このところ、娘の風邪がうつったのか、少し体調が良くないのですが、
夜中に目が覚めてしまうのが2日続いています。
汗をかいたり、何となく身体がほてるような感じがするからみたいです。
これは、仕方がないきがしますね。
ちょっと様子を見ます。

眠れない時は、無理に寝ようとしないで、
リラックスして音楽を聞いたり、温かくして少しストレッチしたり、
とにかく眠れないと緊張しないでください。
もし、眠れないことが続くなら、しばらくは薬に頼るのもよいでしょう。
但し、アルコールは眠りの質を悪くします。
たくさん飲めば、余計に眠れなくなります。
薬は必要なくなれば止められます。
アルコールより身体に優しいです。

眠れないと焦らないこと。
これが一番重要ですよ。

2014-10-16 06:13:31

コメント(0)

台風

昨日の台風、皆さんはご無事でしたでしょうか?
東京都内は、雨風結構強かった時間帯もありましたが、
すぐに過ぎ去った感じがします。
気分的には、あっけなかったかな。

でも、台風が近づいてくると、具合の悪くなる方が出てきます。
台風、というか、低気圧は体調も気分も乱してくれます。
科学的根拠はないと思いますが、これはありますよね。
そういう時は、あまり無理をしないことです。
そして、台風が過ぎ去るまで、気を楽にしてお過ごしくださいね。

もう一つ、台風が向かってきているということもあります。
土砂災害の起きている場所もあります。
なかなか気が抜けない季節ですが、どうぞ、無理なさらず、お過ごしください。

2014-10-07 11:55:51

コメント(0)

追い立てられる

涼しくなりましたね。
昼間はそれなりに暑くても、夜は涼しいです。
窓を開けて寝ていたら、風邪を引いてしまったのか、ここ数日ちょっと頭痛がしています。

クリニックに受診される患者さんのなかに、とてもいろいろなことに焦っていらっしゃる方々がおられます。
何かに追い立てられている、何かから逃げようとしているのか、それとも先回りしようとしているのか。
とにかく焦ったようにお話しされていて、聞いているこちらが苦しくなるほど。

おもしろいもので、話し方一つで気分は変わるんです。
これは、実践してみるとよくわかるのですが、
たとえば、焦ったように早口でしゃべると、気分も焦ってきます。
そうすると、どんどん息が上がってきてしまって、緊張してきます。
元々緊張している場合、さらに緊張が増してしまって、苦しくなってきます。
場合によっては、過呼吸を起こしてしまうこともあります。

逆に、ゆっくり話すことによって、気分もゆったりしてきます。
すごく興奮しているときに、少しゆっくり話そうとしてみてください。
興奮が適度に収まっていきます。
緊張しているときに、ゆっくり話す努力をしてみてください。
少しですが、緊張が引きます。
また、怒っているとき、ゆっくり話してみてください。
ゆっくり話すことで、怒りの感情も収まっていきます。

ある人にこのアドバイスをしたところ、結構しっかり実践してくださったようで、
数回あとの診察で「しゃべり方一つで、こんなに楽になるなんて」と喜んでいただきました。
元々すごくせっかちな方で、いつも動き回っているような方だったようですが、
ある大きな出来事で、気分が沈んでしまって、そこから這い上がろうと焦って、
気分ばかり焦ってしまって、苦しくなってしまったそうです。
はじめの診察の時、何に焦っているのかわからないけど、とにかく早口でしゃべって、
興奮していらっしゃいました。

ゆっくり話してみてください。

そうお願いしたのですが、そんなことをして何になるんだ、といわれてしまいました。
でも、だまされたと思ってやってみて、とお願いしてお帰りいただきました。
はじめの2週間ぐらいは、とにかく不安が大きくて、クリニックの方にも電話をいただいたり、
何度も受診されたりしていたのですが、そのたびにゆっくり、ということをお話ししていたら、
だんだんゆっくりお話しされるようになってきました。
それと同時に表情も穏やかになり、明るくなり。
変わり始めてからは、とても早かったですね。
1ヶ月くらいたつと、ずいぶん変わってきました。

ゆっくり話すだけで、気分が楽になるのを、実感しました。

そう言っていただいて、本当にうれしかったですね。
でも、本当なんですよ。

早口で話す癖のある方は、
少しのろまだと思われてもゆっくり話すようにしてみてください。
本当に、緊張感が緩和されます。
リラックスしやすくなります。
ちょっとした心がけで、改善する可能性がありますので、
試してみていただけるとうれしいです。


2014-09-13 22:12:17

コメント(0)

デング熱

流行りの話題を。

デング熱。

なんで、今年こんなに騒がれているのか。
この病気自体は、実はそんなに特殊なものではないのではないかと思っています。
症状が軽いものだし、人から人へ感染するものでもないので、
普通の風邪と思われて、通り過ぎてしまうことが多いと思います。
実際には日本でも発生しているものと思われ、年間数百例の発生があったとも言われています。

今回、どうしてこんなにニュースになったのか。
背景には、アフリカで流行中のエボラ出血熱の恐怖があったのではないか、
と、私は思っています。
まったく違う病気なんですけどね。
でも、熱帯の、わけのわからない病気、という点では共通しています。

エボラ出血熱は、致死率の高い病気ですが、
デング熱は致死率は低いです。
低いですが、何かの拍子に重症化すると、出血症状が強くなって、命を落とすこともあるとか。
でも、そんなこと言ったら、インフルエンザも同じですよね。
何かの拍子に重症化する、なんて、だれにも予想はつきません。

あまり、気にしすぎずいればよいと思います。
寒くなって、今年の蚊が死滅するのを待ちましょう。
蚊の死滅とともに、デング熱も終息します。


急に気温が上がり下がりしています。
皆様、風邪をひかぬよう、お気を付けくださいませ。

2014-09-08 16:09:50

コメント(0)

最近思うこと。

クリニックをオープンさせて、1年半以上たちました。
おかげさまで、たくさんの方々にご利用いただいております。
少しでも、皆さんのお役にたてるといいと思っています。

以前から、自分の診察スタイルについて、何度か書かせていただいておりますが、
改めて、今、自分の診察スタイルについて考えています。
もともと、カウンセリング、というわけではないのですが、
皆さんのお話を聞いて、それをもとに治療を組み立てる。
だから、カウンセリングも人任せにしたくない、というところで、
とても時間のかかる診療をしています。
患者さんの中には、実は話し足りないんだけど、という方もいらっしゃると思います。
本当は、気心の知れたカウンセラーがいればいい、と思っているのですが、
それはなかなか難しい。
信頼できる人は、すでにどこかに所属しているし、
この人と仕事したい、と思っている人は、まだお勉強中。

適当な人を雇うのは、とても難しいですね。
だから、結局自分が頑張ってしまう。
今はそんな状態です。

クリニックが込み合ってくると、
ゆっくりお話しできなくなってしまうこともあり、
こちらも悔いが残る診療になってしまう。
そんな状態を、できるだけ回避したいと思っています。

話したりない方は、メールでもお話を伺います。
ホームページの問合せフォームをご利用ください。
少しでも、多くの方が早く元気になれることを、願っています。

2014-08-07 17:13:46

コメント(0)

熱中症と薬

暑い日が続きます。
お元気ですか?

こう暑いと、動きたくなくなりますね。
困ったものです。

熱中症と薬、という題ですが、
実は、安定剤とか、抗うつ薬とか、飲んでいる人は、
暑いときに脱水になって熱中症になると、重症化する可能性がある、ということを、
覚えておいてほしいと思い、怖い話をしようと思いました。

突然、抗うつ薬とか、安定剤とか、ずっと大量に飲んでいた人がピタッとやめてしまった場合、
まれにですが悪性症候群と呼ばれる状態になることがあります。
熱中症と似た状態ですが、横紋筋融解症をおこし、ひどくなると、腎臓を壊してしまう病気です。

それと同じような感じで、薬を飲んでいる人が暑い中、脱水症状を起こすと、
横紋筋融解症を引き起こしやすくなることがあります。
すべてが原因になる、というわけではありませんが、
お薬をお使いの方は、そうでない方よりも、より熱中症、脱水症に注意をする必要があると思います。

とにかく、屋外で活動するには危険が伴うほどの高温です。
お体には十分注意してお過ごしください。

2014-08-07 17:04:59

コメント(0)

ストーンマッサージ

今年の2月から、ストーンマッサージのセラピストが来てくれてます。
営業はまったくクリニックとは別物なのですが、
彼らの施術は、とてもリラックス効果が高く、
凝り固まった筋肉を素晴らしくほぐしてくれます。

あったかくすることは、リラックスをする上でもとても大切です。
寒いと、体が硬くなりますよね。
暑いと、ストレスを感じますよね。
あったかいと、ストレスは軽くなり、体も硬くなりません。
あったかい状態、というのはとても重要なのです。

心療内科で来院される患者さんの体を触らせていただくと
背中がとても冷えていることに気づかされます。
8~9割の方が、背中がとても冷えていて、肩、首のコリが強いのです。
緊張の表れなのでしょうけど、これが解消されないと、体はつらいですね。
気持ちも楽にならないと思います。

頭痛、めまい、耳鳴りも、多くはコリが原因になります。
ストレッチ、ゆっくりした入浴、体を温めてほぐして、血行をよくすることが
治療の第1歩だと思います。

ストーンマッサージ、体験してみませんか?
ご予約は、クリニック受付で承ります。
ホームページの問合せフォームからご連絡いただいても、予約を取らせていただきます。
ただし、問合せフォームからの場合には、少しお時間に余裕をもってご連絡くださいね。
すぐにお返事できないこともあります。ご了承ください。

2014-06-25 09:41:22

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5