練馬区の内科大泉町の内科
心療内科 メグ・マグノリアクリニック

〒178-0062
東京都練馬区大泉町1-54-15

03-5947-6260

メニュー

インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

患者さまに元気になっていただき、その元気で私も元気になる。ともに歩んでゆける医療を提供したいです。

病気だけを診る医療ではなく、一人の人として患者さまと向き合いながら診療をしています。心と体の両面から、患者さまが元気になれるようにサポートしてまいります。どんなことでも気兼ねなくご相談ください。

医師を志したきっかけ
「社会に貢献できる仕事に就きたい」という思いで医師の道を選びました

家族のなかに医師や歯科医師が多い環境で育ったため、医師になる環境を整えてもらっていたのが大きな理由です。歌を歌うのが好きだったので音楽などの芸術系の道に進もうと考えたこともありましたが、音楽は趣味で続けることもできますし、「社会に貢献できる仕事に就きたい」という気持ちが強かったからです。

はじめのころは小児科の医療に携わりたいと思っていたんです。ですが小児の病気のなかには重いものもあり、慎重に扱わなければいけない怖さを感じ、最終的には全身を診られる内科の医局に入局しました。でも、精神医療への興味も捨てきれませんでした。学生時代に出会った心療内科学の先生の「患者さまの病気だけを診るのではなく人を診る」という考え方に触れ、私もそういう医師になりたいと思いました。

診療のモットー
病気だけを診るのではなく、一人の人として患者さまにとことん向き合います

一言でいうなら「患者さま人としてを診る」ということに尽きます。病気を診療するのはもちろんですが、患者さま一人ひとりと向き合うことを心がけています。内科の病気だけを診るのではなく、患者さまの生活背景まで考えて、心と体の両面からアプローチすることが大切だと思います。患者さまの症状が改善するのとともに、生活や環境もよい方向に持っていければいいなと思いながら、くわしく患者さまのお話をお伺いします。

患者さまとは、雑談などをはじめいろいろなことをお話します。患者さまとじっくり向き合うことは恩師からの教えであり、私自身も「病気だけではなく人を診て治療を進めていきたい」という思いが強くあるからです。

こだわっていること・自慢できること
居心地のいい待合室と優しいスタッフが自慢です

待合室を広くし、天井も高くしてもらうよう設計してもらいました。私自身が狭い空間が嫌いなことと、緊張しやすい性格なのでリラックスできる空間にしたいという思いがあったからです。色合いも温かみのあるオレンジを基調とした内装にしました。診察を待つ時間の緊張感を、少しでも緩和できていればいいなと思います。

自慢できることは、スタッフがみんな優しいということです。一人ひとりこだわりをもっているしっかりした方ばかりです。なにか困っていることがありましたら、スタッフにも気軽に相談していただければと思います。

今後の展望
診療スタンスは変えずに、プラスアルファでリラックスできるものを提供していきたいです

患者さまと一緒に歩めるような医療を提供していきたいと思っていますから、自分の診療スタンスはこのままでと考えています。患者さまが元気になることで、私も元気をもらえるという部分も大きいですからね。

現在もホットストーンマッサージやリフレクソロジーを行っているのですが、ほかにも患者さまがリラックスできるリラクゼーションもおこなっていければと考えています。また、将来的にはカウンセラーさんをお願いして、カウンセリングの時間を設けることも検討しています。

患者さまへのメッセージ
心と体が一緒に元気になるサポートをさせてください

「心と体が一緒に元気になったら、人生の喜びが倍になる」と思っています。心が元気ではないと、楽しい時間を過ごせなくなってしまいますし、風邪をひきやすくなるなど体にも影響を及ぼします。心と体は深く結びついているものなので、どちらも元気がないと、人生を半分損してしまうくらい大切なものだと考えています。

患者さまが心も体も健やかに過ごせるように、お手伝いをさせていただければ幸いです。心配なことがありましたら、どんなことでもお話しください。