メグ・マグノリアクリニック

練馬区 内科 心療内科なら メグ・マグノリアクリニック

03-5947-6260 fax03-5947-6270
東京都練馬区大泉町1-54-15
お問い合わせは☎またはお問い合わせ

                                                                                                                        

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

マグノリア日記

日々の診療を通して感じたこと、知っていただきたい内科、心療内科のことなどをつづっていこうと思います。どうぞご覧下さい。





当院ホームページも掲載しました。
県名・診療科名で探す病院ホームページ(東京都)
クリニックのもう一つのHP
心療内科って、何?ということが中心のHPです
良かったら、のぞいてみてくださいね。
ブログもあります。

診療案内

風邪(鼻づまり、鼻やのどの粘膜の乾燥、くしゃみ、鼻水、のどが痛む、せきが出る。などの症状)

風邪は、鼻からのどまでの上気道を中心とする部分に、ウイルスや細菌が感染して急激に起こる炎症です。

実際に風邪をひくと、気管や気管支などの下気道にも炎症が広がっていく場合も少なくありません。原因になる病原体はたくさんありますが、その80~90%はウイルスで200種以上にのぼります。

疲労やストレス、睡眠不足、栄養バランスの偏り、寒さ、乾燥などの要因が重なると発症しやすくなることが知られています。
風邪(鼻づまり、鼻やのどの粘膜の乾燥、くしゃみ、鼻水、のどが痛む、せきが出る。などの症状)

 

インフルエンザ

インフルエンザウイルスが病原で起こる疾患です。A型、B型、C型の3種類があります。潜伏期は1~3日くらいで、患者が咳をしたりするとウイルスが空中を浮遊し、それを人が吸い込むことで感染します。治療は症状出現後2日以内に開始します。

インフルエンザワクチンの予防接種である程度は防げますが、その年によって流行する菌の型が違うため万能ではありません。体の弱い人は、流行している時に人混みに出るのを控えた方がよいでしょう。
インフルエンザ

 

糖尿病

糖尿病は、食事で摂った糖をエネルギーに変えるときに必要なホルモンであるインスリンの異常から起こる病気です。インスリンの産生や分泌が不足したり、インスリンが十分に働かなくなると、血液の中にブドウ糖が溜まり糖尿病の状態となります。

糖尿病を放置しておくと、網膜症、腎症、神経障害などの合併症が起こります。食事療法や運動療法、薬物療法などをきちんと行い、血糖値をうまくコントロールして合併症を防ぐことが重要です。
糖尿病

 

高血圧症

高血圧症は、原因となる病気が特定できない本態性高血圧症と、腎臓病、内分泌異常、血管異常など、原因となる病気が明らかな二次性高血圧症に分けられ、本態性高血圧症が大部分(90%以上)を占めます。ここでは、本態性高血圧について説明します。

血圧とは、心臓から送り出された血液が血管壁に対して示す圧力のことです。血液は心臓が収縮した時に送り出され、拡張時に心臓に戻ります。心臓が収縮した時の血圧を収縮期血圧(または最高血圧)、心臓が拡張した時の血圧を拡張期血圧(または最低血圧)といいます。

長期の高血圧によって、動脈硬化を引き起こす可能性が高くなります。また動脈硬化が進行すると、眼底出血による視力障害、脳血栓による手足のしびれ、冠動脈硬化による胸痛、不整脈、腎硬化症などが起こります。

 

脂質異常症(従来の高脂血症)

脂質異常症とは、血液中にコレステロールや中性脂肪などの脂質が異常に増加した状態をいいます。
長く続くと動脈硬化が生じ、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などの病気を起こします。

 

心身症とは

内科の病気はいろいろあります。特に、身近な病気としては、高血圧、糖尿病、高脂血症、ぜんそく、胃炎、腸炎などがあげられますが、これらの病気と、心の健康は密接に関係しています。
たとえば、血圧は、リラックスしているときは低めですが、緊張していると高くなります。いつも緊張している状態では、血圧は常に高い状態となり、治療が必要な「高血圧症」となります。しかし、このような緊張状態が生み出した高血圧症は、血圧を下げる薬を使用するだけでは下がらないことも多く、気持ちをリラックスさせることが血圧を下げる助けになることがあります。
また、気管支ぜんそくを持つ患者さんが、いやなことがあったりストレスがかかったりすることで発作を起こしたり、場合によっては発作が治まらなくなることもあります。
胃は、気持ちや身体にストレスがかかると、胃炎を起こしたり胃潰瘍を起こしたりします。
このように、身体の病気が心の健康に左右されているものを心身症と言います。

 

心療内科

心療内科については、かなり誤解が多いと思います。「心療内科は、精神科の軽いもの」と思っている方が多いのではないでしょうか。医師の中にも、そう思っている人が多いので、一般の方にそう思われても仕方がないのかもしれませんが、心療内科と精神科は、全く性質の違うものです。

心療内科は、心身症を治療する内科です。
基本的には内科の医師が診療に当たるべき領域です。心身症の病気を内科的に治療しつつ、心の健康にも気を配り、身体と同時に心の健康も回復させよう、という内科の一領域です。ですから、自然に患者様と向かい合い、お話しする時間が増えます。お話しすることで不安を取り除き、お話ししていただくことでストレス解消を図るためです。薬も、身体の病気を治療するための薬だけではなく、時には安定剤や抗うつ薬を使用して、疲れた心をケアしていきます。
精神科は、いわゆる精神疾患(うつ病、統合失調、神経症など)を治療します。内科疾患を診ることはありません。
このように、心療内科と精神科は全く違うものです。

当院では、心身症のケアを積極的に行います。気になる症状、気になる病気がある場合には、お気軽にご相談ください。